写真をプリントして作るオリジナルTシャツ|個人で楽しむ趣味

衣類

手芸の専用糸

裁縫道具

パッチワークで使いやすい

裁縫の材料の一つに糸があります。スーパーにも手芸店、そして100円ショップにも売られています。100円ショップは種類はそれほどありませんが、手芸店になると非常に細かく種類がわかれています。キルト糸は何に使うための糸かといえば、布同士を合せるときに使うことが多いようです。手芸の一つにパッチワークがありますが、この時に使いやすい糸として知られています。糸は太さと丈夫さ、そして色が重要になります。太ければ丈夫ですが目立ちます。細ければ丈夫さが足りなくなります。キルト糸は、太過ぎず、適度な丈夫さがある糸です。ですから使い勝手が良い糸として知られています。色も豊富にそろっているので、布に合わせて選ぶこともできるでしょう。

糸のよじれが少ない

裁縫をしていると、途中で糸が絡んでしまうことがあります。早めに気が付けば何とかほどくことが出来ますが、それだけで時間がかかることもあります。ひどいからみになると、多くの糸を無駄にしてしまうこともあります。手芸などではいろいろな糸を使うことがあり、絡むと作業が進みません。キルト糸のいいところとして、絡みにくい性質になっていることです。布を通してく時に摩擦などが起きにくく、よじれなどもできにくい仕組みになっています。キルト糸自体もいくつか種類があり、パッチワークに向いているタイプとキルティングに向いているタイプがあります。どちらも細くて丈夫ですが、それぞれに強みがあります。専用糸を使った方が、仕上がりもよくなります。